お見送り(8月3日)

げんきや和の前で、最後の集合写真。大畠駅で電車を待っています。

 

とうとう最後の朝が来ました。すっかり仲良くなった18人。光市に住む姉妹の2人を入れて,合計20名。楽しい、楽しい10日間でした。地域の方からはたくさんの野菜やお魚も届きました!子ども達は、大喜び!嫌いなトマトや茄子もがんばって食べてくれました。

最後には、涙を流す子もいて、「家族になった!」という感じです!「来年もやるの?」「和でやるの?」「申し込みは先着順?」「いつから申し込めるの?」と電車を待つ間に矢継ぎ早の質問。食事を作るのに精一杯でこどもたちとゆっくり話す暇もなかったけれど、駅のホームで、やっとお話ができました!

今頃、新幹線の中ですね。きっと疲れて眠っていることでしょう。また、来年みんなに会えるのを楽しみにしています。福島はまだまだ大変な状況でしょうけれど、たくましく,元気に育ってほしいと思います!

地域の人達は、子ども達が来てくれて、地域が賑やかになったことを本当に喜んでいます。また、会える日を楽しみにしています。それまで、どうか、お元気で!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

お見送り(8月3日) への8件のコメント

  1. 熊田伸子 より:

    夕方、無事に郡山へ到着しました。
    泣いていたので、私の顔を見てほっとしたのかなと思いましたが、皆との別れがあまりにも寂しくて。。とのことでした。家に着くまで何度も涙がこみ上げてきていた様子でした。
    支援者の皆様やお友達との出会い、そして数々の体験がいかに貴重なものであったかを感じました。
    今日のお昼はお弁当まで作ってくださったそうで、そこに添えられたメッセージにも感激してました。来年も必ず行きたいという言葉が、送り出した親にとって、とても嬉しいものでした。このような企画をしていただいたことに、心より感謝申し上げます。
    追伸  昨日のブログに、手違いにより二重にコメントしてしまい、失礼しました。

    • genkiyanagomi より:

      無事に帰り着いて安心しました。福島まで送っていた実行委員から涙の対面だったとの話も聞きました。大我君、最後に怒られその時も涙でした・・・!駅で別れるときも涙・・・何と感受性の豊かな少年かと感心しました。来年もまた会いたいです!

  2. 遠藤 京子 より:

     夕方無事に到着しました。真っ黒になってとても逞しくなって帰ってきたような気がします。話したいことが沢山ありすぎて、どこから話せばいいか時間が足りないまま寝てしまいました。とにかく楽しかった!!と。明日ゆっくりと金魚島での話を聞きたいと思います♪
    10日もの間、大変お世話になりました。支援してくださった沢山の皆様の温かいお気持ちに感謝の気持ちでいっぱいです!!!本当にありがとうございました!!!

  3. 鈴木由美 より:

    10日ぶりに見た息子は真っ黒に日焼けして逞しく見えました。
    船釣りで10匹釣った事、毎日の食事が美味しくて最後の夕食はとても豪華で美味しかったこと、現地の小学校の子ととても仲良くなったこと・・・いろいろ話してくれました。
    お土産もたくさんで、みかんの缶詰も兄妹取り合いになりながら美味しくいただきました(笑)
    何より、ケガ等もなく楽しく過ごせて無事に帰って来れたこと、和の佐藤さんご夫婦・スタッフのみなさま、現地のみなさま、同行してくださった山梶さん始めスタッフのみなさまのおかげだと思います。
    想像以上のかけがえのない体験をさせていただきありがとうございました!!
    息子は金魚島が大好きになったようです♪

    • genkiyanagomi より:

      大島はお魚がメインなので、子ども達が食べてくれるかとても心配でした。でも、お刺身も,煮魚もすっかり食べてくれました。本当にうれしかったです。10日間の思い出をいっぱいいっぱい、聞いてあげて下さい。

  4. おおむら より:

    大成功だったようですね。素晴らしい!
    子供たちも、かけがえのない思い出となったことでしょう。

    • genkiyanagomi より:

      ありがとうございます。反省すべき点も多々あり、来年に活かしたいと思います。でも、子ども達が喜んでくれたことが何よりです。今後ともまた、応援よろしくお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <font color="" face="" size=""> <span style="">